Showwall桌布秀人物類日本女明星佐藤寬子 Sato Hiroko

佐藤寬子 Sato Hiroko

佐藤 寛子(さとう ひろこ、1985年2月17日)は、日本の女優、タレント、グラビアアイドルである。神奈川県出身。BESIDE(フィットワンと業務提携)所属。通称「寛子会長」。福島県生まれの神奈川県育ち。 趣味として、剣道・書道・夢日記をつけること等多数挙げている。 女優志望だったため、映画のオーディションに応募したのがきっかけで、2002年、映画『スケアー』でデビュー。いきなりメインヒロインを務めた。その後、グラビアアイドルとして活動を開始する[1]。グラビア時代は毎日行っている腹筋500回(デビュー前は毎日1000回行っていたという。)によって生まれた腹筋とウエストのくびれ・バストFカップのスタイルで人気を博した。中学と高校では生徒会長をしていたという経歴を持つ。グラビアアイドル時代は男性経験がないことを公言していた。2歳下と4歳下の妹がいる。2010年公開の映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』では自身初のヘアヌードを披露し、濡れ場に挑戦した。本作品にて第32回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。以降もテレビドラマ、舞台等に活躍している。平田裕香とは仲が良く、正月と暇な時には2人で遊びに行ったり、飲みに行ったりしている。

佐藤寬子 Sato Hiroko

第 1 頁

Showwall