Showwall關鍵字Suho

EXO

EXO(韓語:엑소,日語:エクソ),為韓國SM Entertainment於2012年4月8日推出的韓國男子組合,組合分成EXO-K和EXO-M兩個小分隊,K代表Korean(韓語),M代表Mandarin(普通話)。EXO為銀河系以外的行星「EXOPLANET」一詞中得來,寓意這個團體是「從未知星球來的新星」,分別在韓國和中國展開活動,並逐步進軍全球,有將EXO的音樂傳遍全世界的抱負。EXO出道至今,已經在亞洲地區累積相當高的人氣,並先後在中、日、韓等地獲得多個音樂大賞及人氣大獎。2013年,EXO憑著首張正規專輯《XOXO (Kiss&Hug)》突破100萬張唱片銷售量,該專輯同時成為自12年來韓國的最高銷售專輯記錄。2016年5月6日,EXO《Overdose》韓文版MVYouTubeV點擊量破億,EXO也成為第三個MV點擊量破億的韓國男團。2016年10月31日,EXO第一支小分隊—EXO-CBX正式出道。EXO官方應援色為銀白色,官方應援手燈為黑色EXO六角形手燈(第一代) 和 白色EXO六角形手燈(第二代),官方應援口號為WE ARE ONE。EXO的官方全球粉絲俱樂部名稱為「 EXO-L」。「EXO-L」為「EXO-Love」的縮寫,取決自英文字母L位於K與M之間,意味著所有在EXO-K與EXO-M之間守護EXO的粉絲,同時也與EXO的口號「We Are One」的意義一致,以表示EXO與粉絲是一體的存在。

金俊勉 Suho

金俊勉(韓語:김준면,英語:Kim Jun-myeon, 1991年05月22日),藝名Suho(韓語:수호;中文:守護),韓國男藝人,為韓國男子團體EXO及韓國分隊EXO-K的隊長,在隊中擔任總隊長、副領唱,虛構超能力為「水」。金俊勉的爸爸是一名大學教授,媽媽曾是一名教師,現為一名家庭主婦,從小就受到良好的教育與環境。家中有一位哥哥。金俊勉通過2006年的SM Casting System而進入公司成為練習生。練習生的時間為大約七年,是隊內練習生時間最長的成員。2018年5月9日,Suho與夏沇秀、吳昶錫和金叡園等演員主演的電視劇《Rich Man》開播。Suho飾演擁有億萬資產的IT企業社長李裕燦。2018年6月20日,Suho與金煥熙主演的電影《女中學生A》上映。Suho於《女中學生A》中飾演在熙,是女中學生美萊的網友。2018年7月,音樂劇《笑面人》開始公演,Suho飾演本是貴族卻自幼被賣入人販子手中,被殘忍毀容成為「笑面人」,流落江湖,一生悲慘的男主人公Gwynplaine(格溫普蘭)。

周防玲子 Suhou Reiko

すほう れいこ(1982年10月22日 - 旧芸名・旧本名:周防玲子=読み同じ、現本名:三谷麗子=みたに れいこ)は、静岡県出身の日本の元タレント・元女優である。静岡県焼津市生まれ。2000年、『フジテレビビジュアルクイーン』に選ばれ、当初はグラビアやバラエティー番組、CMなどを中心に活動。同年、前述によりシドニーオリンピックのサポーターガールを務める。2003年ごろから、芸名を漢字の「周防玲子」からすべて平仮名の「すほうれいこ」に改め、女優業にも進出。2006年6月にはテレビ東京の『Film Factory』にて監督業にもチャレンジした。2010年4月30日付けのブログで芸能活動を引退し、「洋服ブランドのプレス」という新しい職についていることを公開した。芸能事務所は、イトーカンパニーに所属していた。

大谷允保 Mitsuho Ohtani

大谷 みつほ(おおたに みつほ、1982年12月23日)は、日本の女優、タレントである。本名、大谷 允保(読み同じ)。三重県鈴鹿市出身。藤賀事務所所属。堀越高等学校卒業。1997年 ジャパン・アーチスト・オフィス「第29回新人プレゼンテーション」を契機として芸能界入り。当初の芸名は、大谷 みづほ(おおたに みづほ)。1998年テレビドラマ『ATHENA -アテナ-』(テレビ東京、深夜)のヒロインとしてデビュー。同作終了後、芸名を大谷 みつほ(平仮名)とする。その後もテレビ、CM、映画、舞台、グラビア等で多岐にわたる活躍を見せる。2003年より芸名を本名の大谷 允保に戻した。愛称は“みっつぅー”。兄は、アームレスリング全日本チャンピオン大谷政弘である。2008年末でサンミュージックを退社した旨を、2009年1月1日付の自身のブログ『天衣無縫』で公表する(2009年1月1日 - 2009年4月23日まで休止、2009年4月24日 - 2009年7月19日まで継続、のち「天衣無縫」は終了)。2008年野菜ソムリエ、2009年メンタル心理カウンセラー資格を取得。2008年6月18日に急逝した神戸みゆきの追悼記事[2]にコメント(楽屋話)を寄せている。神戸とは「桃の天然水」(2000年),「京都地検の女(3)」(2006年)で共演し、神戸は大谷を「かっこいい女性」と評していた。2012年より藤賀事務所に移籍して芸名を大谷みつほに戻して活動再開。

Showwall