Showwall桌布秀人物類日本女明星星野真里 Hoshino Mari

星野真里 Hoshino Mari

星野 真里(ほしの まり、1981年7月27日)は、日本の女優。本名、高野 真理(たかの まり)旧姓、星野。埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身。トルチュ所属。靴のサイズは23.5 cm。1999年頃、芸名を本名の「星野真理」から「星野真里」へ改める。2000年、JR東海の「X'mas Express2000」第6代ヒロインに選ばれる。2001年には、『新・星の金貨』(日本テレビ)で直前に降板した鈴木あみに代わって主演に抜擢され、同番組の主題歌「ガラスの翼」でCDデビュー。2005年の『さよならみどりちゃん』で映画初主演を果たす。同作品でバストトップを露わにしたオールヌードで濡れ場にも挑戦した。その体当たりの演技などが評価され、第27回ナント三大陸映画祭で主演女優賞を受賞した。2007年、『サムシング・スイート』で舞台初主演。2010年には、初エッセイ『星野真里の地味な生活』(朝日新聞出版)を出版。2011年、かねてより交際していたTBSアナウンサーの高野貴裕と結婚。2015年に都内の病院で第1子女児を出産。

星野真里 Hoshino Mari

第 1 頁

Showwall